一日一発見
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< H市コンクリート検査 | main |
鉄筋検査

こんにちは、H市の現場は年末に向けて急ピッチで進んでおります!

 

前回はコンクリート打設についてでしたが、今回はその前段階の鉄筋の配筋検査

についてお伝えします。

 

鉄筋は最終的にコンクリートの中に隠れてしまい、

基礎完成時には見えなくなってしまいますが、

建物の土台となる部分なので心配ですよね。

でもちゃんと検査をして記録をとってあるので安心です。

 

チェックする内容は鉄筋が鉄筋の太さ、本数や間隔がちゃんと図面通りになっているかです。

鉄筋の太さ、本数や間隔は設計の段階で構造設計者が計算しているんです。

 

 

 

 

 

鉄筋を組んだ後は、コンクリートを流す為に木の型枠を配置していきます。

 

かぶり厚さとは鉄筋からコンクリート表面までの距離の事を言いますが、

場所によってかぶり厚さの規定は違いますが、写真のドーナツの形をしたスペーサーを使って

かぶり厚さを確保していきます。

このドーナツは大きさによって色が決められているので、検査の時も一目瞭然なんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は鉄骨検査です!

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/667
TRACKBACK