一日一発見
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 敷地の衛生と安全 | main | 耐火性能とは >>
延焼のおそれのある部分について

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

建物が密接した地域で火災が起きると隣の建築物も「延焼」といって、1棟の建築物の火災がほかの棟の建築物に及ぶことがあります。それを防ぐために、「延焼のおそれのある部分」というのが法によって定められています。

 

「延焼のおそれのある部分」は、隣接する建築物や道路を挟んだ反対側の建築物から火災が燃え移りやすい部分をいいます。

隣地境界線、道路中心線、同一敷地内の2以上の建築物相互の外壁間の中心線から、1階部分では3m以内、2階以上では5m以内の建築物の部分が、延焼のおそれのある部分となります。

 

 

 

 

 

 

 

防火上有効な公園や広場、川、耐火構造の壁などに面する場合は3m、5mの距離は考えなくてかまいません。たしかにこれらは延焼のおそれがないですね。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/655
TRACKBACK