一日一発見
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 敷地について | main | 避難階とは >>
地階とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

「地階」と言われて思い浮かべるのは、「1Fより下の階」、こう考えるのは決して間違いではありません。しかし、何をもって「地階」と言うのか?こうなると途端に怪しくなってきます…。ですが、そんな「地階」もちゃんとした定義が存在するのでこれから説明したいと思います。

 

地階とは、「床が地盤面下にある階で、床面から地盤面の高さが、その階の天井の高さの1/3以上のもの」をいいます。

 

 

例えば、

・天井高(H)が3m

・床面から地盤面までの高さ(h)が1m

だとしましょう。となると、3mの1/3以上は1m。よって「h」は天井高の1/3以上になるので、地階となります。

これが、

・天井高(H)が2.7m

・床面から地盤面までの高さ(h)が0.8m

になると、2.7mの1/3は0.9mなので、地階とはなりません。

 

地階では、この「1/3以上」がとても重要になってくるということです…!地盤面より下に床面があれば全て地階と思っていましたが、そうではなかったようですね。これを知ると、今まで地階と思っていた場所もひょっとしたら地階ではなかった…なんてこともありそうなので、街を歩くときの楽しさがまた増えました!

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/652
TRACKBACK