一日一発見
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 用途地域とは | main | 建築物と特殊建築物 >>
「建築物の敷地」とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

みなさんは「建築物の敷地」の定義は何かご存知ですか?

「建物が何も建っていない更地なら建築物の敷地」「人や市区町村、誰かが所有していたら建築物の敷地としてみなされる」などと色々思い浮かびますが…、もっと明確な定義が存在するのです…!

 

「建築物の敷地」としてみなされるには、敷地が道路に 2m以上 接していなければなりません。2m以上接道しなくてはならないのは、「非常時の避難」「消防活動の確保」が目的となっています。安全を守るためには最低でも2mが必要ということなのですね。

ただし、自動車専用道路や特定高架道路など、自動車の通過交通を目的とする道路は、接道条件を満たす道路として認められません。

 

しかし、2m以上というのは何だか曖昧に聞こえませんか?「2m道路に接していれば、それに続く通路は2mじゃなくてもいいの?」などと疑問に思うことは、これからクイズ形式でお伝えしたいと思います!「建築物の敷地として認められるか、認められないか」をみなさんも一緒に考えてみましょう。

 

 

それではまず、第1問目です。

 

 

 

さあ、どうでしょうか?先ほどのことを踏まえて考えてみましょう…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解です。

答えは、×です。確かに敷地の左側を見るとちゃんと2m接道していますが、その上を見ると幅が1mしかありませんね。路地状部分に幅員2m未満の個所があると、有効な接道長さとならないのです。よって、こちらは建築物の敷地とは認められません。

 

 

 

続いて、第2問目です。

 

 

こちらは接道部分がポイントです。1mと1mを足すと…、2m…!!

 

 

ということは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は、×です。残念ですが、建築物の敷地として認められません。「1mと1mを足すと」といいましたが、足して2m以上でもダメです。2カ所以上が接道していても、そのうち1カ所が2m以上接道していなければなりません。

 

 

 

この調子で、第3問目です。

 

 

 

 

もう分かってきましたか?さあ、こちらはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

はい正解は、×でした。こちらも、2カ所接道していますが、建築物の敷地として認められるのにはそのうち1カ所が2m以上接道していなければなりません。

 

 

 

では、最終問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解です。

答えは、もちろんです。この場合はちゃんと2mの接道を満たしているので、建築物の敷地として認められます。路地状部分も幅員2m確保されているのでバッチリです。

 

 

 

みなさんはいくつ正解できたでしょうか?日本にはまだまだいろんな敷地がたくさん存在するので、緩和されるケースもありますが、基本的に「2m以上の接道」と覚えていただければ大丈夫です!これを知っていると、それまで気にも留めなかった敷地に目がいったり自分の家の敷地はどうなのか、近所の住宅街はどんな風になっているか、あそこの家の敷地は怪しくないのかなど通勤中や帰り道、出かけた際もまた違った目で見ることができます。色んなルールに沿って、建物が作られているって面白いですね。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/641
TRACKBACK