一日一発見
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 内装監理室とは 2 | main | F☆☆☆☆ >>
凍結深度とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

先日、タイトルにある通り「凍結深度」という言葉をはじめて耳にしました。雪が多く降ったり、寒さに厳しい地域にとってはとても関わりのある言葉だと思います。一体どのように建物と関わってくるのか、何のためにあるのかなど、今回はこの「凍結深度」についてお話します。

 

「凍結深度」とは、簡単に説明をしますと

冬の寒い時期に地盤が凍る深さのことです。冬は凍結(霜柱)により地盤が浮き沈みすることで、基礎が動いてしまいます。それを防ぐため、基礎の底面は凍結深度よりも深くつくる必要があります。敷地ごとの凍結深度は、各地方によってそれぞれ定められています。

基礎が動いてしまうなんて、霜の力ってすごいんですね…!とある地域では凍結深度が130cmに指定されているので、基礎はそれよりも深く作らなければいけないようです。130cmは驚きました…。

この凍結深度は、建物を建てるにあたっての敷地選びなどにも深く関わってくる重要なポイントかもしれませんね。

 

寒い地域もあれば、暖かい地域もあり、それぞれの環境に適応した良い建物を作れたら良いなと改めて思いました。

 

 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/637
TRACKBACK