一日一発見
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パテとは | main | 練付とは >>
現場にて

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

またまた現場をチェック中にあるものを見つけました。

 

 

階段の踊り場で見つけたこちら、一体何なのでしょうか。まず最初にブレーカーかと思いましたが、各店舗内にあったので違いました…。正面から見てもちっともわからなかったので、「横から」見てみると…

 

 

何かの管と繋がっていますね。何を送る管でしょうか。とあることが起きた際に大活躍するものです。

 

 

 

正解です。答えは「連結送水管」(別名:送水口、放水口)でした。

「連結送水管」とは、火災が起きた際に水を下から各階に送り、この箱を開けるとホースの連結部分があります。連結すると下から送られてきた水がこの管を伝って出て、消火活動が可能ということです。横に見える管は水を送るためのものだったわけです。この「連結送水管」ですが、高層ビルやマンションなどでも目にすることができるので、よかったら見つけてみてください。

「連結送水管」という名前もストレートでとてもわかりやすいですよね。火災が起きたら必ず使用するので、「連結送水管」の前に物などは置かないようにしましょう…!

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/632
TRACKBACK