一日一発見
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 厨房の床を上げる理由 | main | 何の器具? >>
スタイロフォームの使い道

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

突然ですが皆さんは「スタイロフォーム」というものをご存知でしょうか。「スタイロフォーム」とは別名「押出法ポリスチレンフォーム」といい、主に断熱材としては最も一般的に使用されているものです。水を吸収しにくく軽くて丈夫、また優れた断熱性能などの様々な特長があります。

 

中心に見える水色の板状のものが「スタイロフォーム」です。厚さ、大きさもかなり豊富にあります。写真に見えているのはスタンダードな910mm(3尺)×1820mm(6尺)(サブロク板)になります。

 

そんなスタイロフォームですがもう一つの特長として、「建築模型によく使用される」というのがあります。わたしも学生の頃スタイロフォームを使って模型を制作していましたが、本来の使用方法で使われている状態を見たことがなかったので実際の現場で見たときに「こうやって使われているんだ!」と驚きました。

 

 

スタイロフォームはカッターやのこぎりで容易に加工できたり、軽いので他の材料に比べて施工するのは楽だと思います。また踏んでも壊れず丈夫なので、このように床に敷き込み、上からモルタルを打設して、防水工事をし厨房の床になったりする場合もあります。

 

万能かつ色々な使い道がある「スタイロフォーム」でした。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/628
TRACKBACK