一日一発見
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< LGS | main | 厨房の床を上げる理由 >>
防水チェック

こんにちは。新人スタッフの本間です。

現場チェックをしている際に衝撃的な光景を見てしまいました。

 

 

「(し、浸水…!?)」

 

お風呂もしくはプールのようになっているこちらは、決してミスなんかではありません。これもとっても大切な作業のひとつなのです。

これは「水張り試験」といってその名の通り、「ちゃんと防水の働きをするか」を確かめるためのものだったのです。写真にあるこの部分は厨房になるので、掃除などの面から床は防水仕様にしなければなりません。

厨房だけではなく、浴室やバルコニーなど防水工事を行なった個所では必ずこの「水張り試験」をします。24時間ほど放置をして水位が下がっていないか(水漏れしていないか)を確認していきます。

 

防水工事したら終わり、ではなくこのチェックまでが防水工事ということですね。当たり前のことなんでしょうがここまでやるんだと驚きました。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/626
TRACKBACK