一日一発見
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< これはなんでしょう? | main | 用途地域とは >>
A工事・B工事・C工事

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

オフィスや飲食店の入居に関わる工事には工事区分というものがあります。誰が工事を行い、誰が費用を負担するのかによって工事区分が分かれており、それらを「A工事」「B工事」「C工事」といいます。現場チェックの際に聞いて「何だろう?」と疑問に思ったので、今回はこの3つの違いについてお話します。

 

まず、

・A工事

建物所有者の費用負担で建物所有者の指定した工事業者が施工する工事のことをいいます。主にビルの躯体やサッシまわり、廊下・トイレ・エレベーターといった共有部の内装などが対象になります。

 

A工事が完了し次に行うのが、
・B工事
賃借人の費用負担で建物所有者の指定した工事業者が施工する工事のことを言います。空調、電気・照明、防災などのビル設備に対する移設や増設工事がB工事に該当することが多いです。

 

最後の仕上げで行うのが、
・C工事
賃借人の費用負担で賃借人の選定した工事業者が施工する工事のことを言います。専有部内の内装工事、電源・電話・LANなどの配線工事、什器設置工事などはC工事にあたります。

 

まとめますと、

 

A工事…【費用負担】ビルオーナー【工事業者】ビル指定業者

B工事…【費用負担】入居者【工事業者】ビル指定業者

C工事…【費用負担】入居者【工事業者】入居者指定業者

 

ということになります。全ての工事を一緒の業者が行なっているわけではなかったということが、かなり驚きでした…!費用の負担もこのように違うんですね。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/623
TRACKBACK