一日一発見
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< キッチン打ち合わせ | main | 雨の中の地鎮祭 >>
解体が思い出させる昔の記憶
光をつかまえる住宅の敷地はもともと、ぼくの祖母の家があった場所でした。小さいころは弟と泊まりにいったり、同じ校区内だったので周囲に小学生時代の友人の家があったりします。

そんな祖母も亡くなり、まわりまわって今度は妹夫婦がここに住み、その設計を兄であるぼくがやっています。

懐かしいレンガ作りの擁壁や平屋の住宅を取り壊し新しい住宅をつくる。少し寂しい気持ちになる解体工事は初めてです。

この敷地のすぐ後ろ(南側)も小学校の時の友人の家です。なつかしいなあ。かれの家にはなぜかゲーセンにあるようなテーブル型のインベーダーゲームがあってそれをやったり、ファミコンのゼビウスやったりするのによく遊びにいったものです。

なんて感慨にふけりながらの現場チェックでした。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/607
TRACKBACK