一日一発見
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 外壁の切り返し | main | 付加価値ではなく価値をつくる人 >>
外部仕上が終わり、内部の仕上スタート
 
11月末完成に向けて現場が進んでいます。外部の仕上げはほぼ終わり、現在内部の仕上を棟梁ががんばってくれています。内部仕上がプラスターボードの上にクロスや左官仕上の場合はプラスターボードを貼る所までが棟梁の仕事で、その先は左官職人やクロス屋さんの仕事です。しかし今回は構造用合板を仕上材として採用したので、棟梁の手で最終仕上まで行く部分が大半です。

断熱材はほぼ施工終了し、電気屋さんの配線工事をまって構造用合板を貼っていきます。棟梁は一人でこの現場をきりもりしているので、天井面などに合板を貼るのはどうやるんだろうか?と不思議に思っていました。なぜなら二人一組で施工する場合は合板を一人が支え、もう一人が釘なでで固定していけばよいですが、支えながら固定するのは不安定だし、斜めになちゃいそうだし・・・で棟梁に聞いた所

「ウマ(現場用語:つっかえ棒のような簡易的なフレーム)をつくって支えるんだよ」

との返答。なるほど!そのウマ見せてもらいましたが、寸法が絶妙に大きく作ってあってはじめは少し斜めに合板の下に入れてそれをまっすぐに立てる事で落下しないように固定するようになっていました。すご〜くシンプルな道具ですが知恵がつまっています。

帰り際にふと足元をみるとまた気になるものが・・・。棟梁の簡易道具箱だそうです。作る子にそんなに時間はかかっていないと思いますが、こういう道具を作ることによって現場が綺麗に保てる。結果施工もスムーズにいくし、仕事も綺麗。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/574
TRACKBACK