一日一発見
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ダウンジャケットのような断熱材 | main | 常識を疑うセンス >>
通気工法

木造住宅では通気工法というものがあります。
外壁の仕上を建物の構造面とすこし隙間をあけて施工することによって(約2センチ)その隙間に空気が流れるようにして通気をとるという工法です。なにが利点かというと建物内部の断熱材だけでなく、建物の外周面にも通気工法による空気層を作ることによって断熱効果を得ることです。

上の写真はその通気工法につかう材料です。愛知県エリアではこのように加工された材料(胴縁:どうぶち といいます)を見かけますが、関東圏ではあまり見たことがないです。

これを外周面全面に写真のように固定しこの上に外部仕上となる材料をはります。写真にあったかまぼこ状に切り欠いた部分に空気が通っていくようになっています。大工さんにきくと、このかまぼこ状の切り欠きピッチもいろいろな経緯をへて現在の状態に落ち着いたようです。

当初のピッチでは固定する下地のピッチとかまぼこ状の部分のピッチが同じで固定する時に不具合があったり、ピッチが空きすぎて空気がうまくながれなかったケースもあるそうです。単純なことですが現場とのやり取りで最適なピッチを見つけていったようです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/535
TRACKBACK