一日一発見
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ミルフィーユのような床 | main | 現場で仕上の最終確認 >>
湖畔の別荘 下地工程

柱、梁、構造用合板などの施工が終わり外壁の下地工事がはじまりつつあります。写真中央部に4本の鉄骨下地がありますがこれは玄関庇の下地です。建物とのバランスをとるため庇の出は1.5Mほどあるため必要となります。

現場で見かけたおもしろい道具
ぱっと見はキッチン道具にも見えますね。(ミキサーやパンなどをこねる道具)

職人さんに聞いたところこの道具の名前は「自在ホルソー」というそうです。
天井に設置するダウンライトの下穴や吸排気口をプラスターボードに開けるための道具です。中心のドリルで壁面に固定し、半径の長さを設定した業務用のカッター刃がまわって綺麗な円をくりぬきます。

穴をあけるだけの道具は何度も見たことがありますが、この道具は切った時のプラスターボードの粉が飛び散らない様なフードがついている点が特殊です。

こういう道具を使った方が現場がよごれないのでいいですね。職人さん同士の配慮ですね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/505
TRACKBACK