一日一発見
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 模型をつくって問題をさがす | main | いざ上棟 >>
浮いたデザインの基礎コンクリート部分

地盤改良の鋼管杭工事もおわりいよいよ基礎工事の始まりです。
写真の小さく丸鋳物が見えるのが鋼管杭の頭の部分です。

重機によって入らない部分の土をすき取り基礎の配筋工事、型枠の建て込み、コンクリート打設を行ないます。

コンクリートが凝固し型枠を取り外した状態の基礎部分です。今回は地盤面よりかなり基礎を上げたのでそのままコンクリートを立ち上げると間抜けなので、基礎の下部を写真のようにスラブをキャンティで飛び出させ、建物全体が地面から浮いているようになるようにしました。

最終的には地面の部分に白っぽい砂利を敷き詰め屋根からの雨水が自然と地面に浸透するようにします。またコンクリートのスラブが飛び出していることにより雨水の跳ね返りによって建物がよごれることを防いでいます。

建物もファションと同じで足元がきっちりきまっていると全体の雰囲気もよく見えるものです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/489
TRACKBACK