一日一発見
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブレークスルーに出会う | main | アンティーク仕上の玄関扉 >>
ニッチ(蝋燭型)

大屋根の住宅のはニッチがあります。ひとつは写真のような蝋燭型のニッチです。内部に間接照明を設置し、奥行きを15センチ程にしてものを飾っても良し、飾らなくてもきれいなフォルムが「ぼわん」とうかびあがるようにしています。

設計段階では
「詳細の大きさや形は現場できめましょう!」と細かいことは現場で決めたい僕の気質がでで図面では寸法等を表示していませんでした。建築途中に現場にいってびっくり。

「あの〜ニッチが人の大きさぐらいあるんですけど〜(お施主様奥様)」

そこで現場で奥様自らに鉛筆を持ってもらい下地のプラスターボードに「えいやっ」と理想のニッチを書いてもらいました。

それをベースに棟梁に作ってもらったニッチの下地の状態の写真です。流石です上部の曲面になっている部分の下地の組み方に「なるほど!そうやるのね」という発見があります。

こういう小さく、曲面のものは図面でいくら書いてもなかなか理想の形になりません。そういう時は現場できめるとさくっと決まるのと、そういった大事なプロセスをお施主様と一緒に作って行くのが建築の楽しいところです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/476
TRACKBACK