一日一発見
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 機械を困らせる | main | くるくる君 >>
オープンキッチンと子供の秘密基地(1.5階レベル)

段々の住宅は1.5階レベルにあります。南面に広がる庭でBBQをやったり、子供が泥遊びをしたあとに直接入ってきたり、ゴミだしをしたりするためにはペラペラ階段を通って写真中央の出入り口から入ってくる事ができます。

キッチン部分は柱状の天井高(2.4M)ですが、ダイニングスペースは天井高が4Mあります。天井が高い事によってキッチンに立った時に広がりを感じられるようになっています。

キッチンに隣接してパントリー(食品庫)があるので食品を買った時等はペラペラ階段から直接キッチンにを通りパントリーに食品を収納出来るようになっています。

ダイニングスペースの傍らには写真のようなスペースがあります。ここには簡易的な階段が置かれ、子供達の秘密基地というなのモノ置きになります。子供の教科書やおもちゃ、絵本等がこのスペースに置かれ、ダイニングスペースがちらからないようになっています。

写真左側には子供達が勉強をする机をあらかじめ仕上材をそろえて設計しました。個人的に吹き抜けに面した机で作業を(勉強はあまりしませんでしたが・・・)することが大好きなのですが、こういった体験や空間の原風景になったのは豊橋中央図書館の2階の勉強スペースです。

個人的な体験を設計を通して、目の前のクライアントにフィットするようにデザインしたのですが「気持ちいい空間」というものがクライアントと「共有」できることは幸せな事です。そのためには設計者本人がいかに沢山気持ちいい空間を「体験」をしているのかが大切だなと思います。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ttaas.jugem.jp/trackback/472
TRACKBACK