一日一発見
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
これはなんでしょう?(鉄骨の色 編)

こんにちは。新人スタッフの本間です。
 

 

今回わたしは、熊本県上天草市のある現場に来ています。

東京から飛行機、新幹線、ローカル線、フェリーなどを

乗り継いで約4時間。


目の前には雄大な景色が広がり、左手には九州本土とここ天草をつなぐ「天草五橋」のひとつ、「前島橋」が見えます。

 

 

 

2年前、初めての仕事でこのプロジェクトの模型制作に携わりました。

模型を制作するうえで非常に苦労した点が、この現場でも同じように

反映されているようで、改めてものづくりの面白さを感じています。

 

また自分がつくった模型が実際に職人さん達の手によって建ち上がり、

初めてその中に入った瞬間の感動は一生忘れられません。

わたし自身、自分が関わったプロジェクトの現場を見るのが今回

初めてなので、見るもの全てが新鮮でありとてもワクワクしています。

 

そんな現場のなかで気づいたこと、なるほど!と感じたことを

ひとつずつ、これからブログにまとめていきたいと思います。

宜しくお願いします。

 

 

 

まずひとつ目です。

写真をご覧ください。

 

 

 

現在現場は「建方」という作業を行っています。

「建方」とは建築物の主要な構造材を組み立てることです。

 

鉄骨がこのようにきれいに組み上がっていますが、

「色」に注目していただくと「赤」と「銀」の2色で

構成されているのがわかると思います。

 

では、ここで問題です。

 

なぜ鉄骨の色が「赤」と「銀」の2つに分かれているのでしょうか?

 

「全部赤もしくは銀で統一しても良いんじゃないの?」

「全部一緒の方が面倒くさくないじゃん」

 

そう思うかもしれませんが、ちゃんと明確な理由があり

このようになっているのです。

 

さあ、なぜでしょうか?

 

ヒントは「銀」の鉄骨が建っている「場所」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え合わせです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「銀の鉄骨が建っている場所は外だから」

 

 

 

 

 

???

 

 

では「赤」と「銀」に関する2つのポイント

‐貊

鉄の性質

をご説明します。

 

 

まず1つ目のポイント。

「銀」の鉄骨がある場所というのは外部の室外機置き場で、

外壁が縦格子状のルーバーになっています。

なので、「銀」の鉄骨は雨・風をダイレクトに受けます。

 

また逆に「赤」の鉄骨が建つ場所というのは内部、室内であり

その上に外壁や屋根があるため雨や風にさらされる心配はありません。

 

ここで2つ目のポイント。

鉄骨は名前の通り、「鉄」で出来ています。

鉄は水や酸素に触れると錆びます。

建物を支えるうえで重要な役割を担う柱や梁などが本来持つ強い力、

錆びてくることによって当然ながらその力は弱くなってきてしまいます。

 

そんなやっかいな「錆び」を防ぐために、

鉄骨に錆止めの塗料というものを塗っていくのです。

 

「赤」は室内であるため、通常の錆止め塗料で十分ですが

「銀」は外部なのでそれ以上のものが必要になります。

 

そこで「銀」の鉄骨には「溶融亜鉛メッキ」という仕上げを施しています。

「溶融亜鉛メッキ」というのは、わかりやすく言うと

溶かした亜鉛の薄い膜を鉄骨に被せ包むことです。

 

メッキは表面処理の一種で、材料の表面に金属の薄い膜を被覆することを指します。

鉄の代わりに亜鉛が錆び、保護してくれているのです。面白いですね。

 

 

 

なので、まとめると…

 

" 外部と内部によって錆びる具合が異なるため

「赤」と「銀」の2色で錆びを防ぐ構成となっていた "

 

となります。

 

時と場合により同じ部材でも異なる仕上げがあるのは、

今後設計する際の知識として非常に良かったです。

そういった目で改めてあたりを見渡すと、新たな気づきも増えてくると思います。

 

以上、鉄骨の色編でした。

 

居室の採光について

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

以前に「居室」についてお話をしたのですが、「居室」とは何か覚えていますでしょうか…?

「居室」とは、「継続的に使用する室」のことで、人とのかかわりが強い部屋であることから、健康や衛生に関する規定が定められ、さらに防火や避難についても規定されています。今回のタイトルである採光、そして換気、天井高や床高、階段や廊下の有効寸法(※)、直通階段までの歩行距離などの規定は、居室部分を対象にしている場合が多いといえます。

 

 

そんな居室ですが、今回はその中でも私たち人間にとって大切な「採光」についてお話をしたいと思います。

採光を必要とする居室には種類があり、

・住宅

・学校

・病院

・診療所

・寄宿舎

・下宿

などの建築物の居室で、次の表に掲げるものには、その居室の床面積に対して、一定の割合以上の採光に有効な開口部(窓など)を設けなければなりません。

なお、次の表に規定されている用途の建築物(住宅、共同住宅を除く)の居室以外の居室、例えば

・幼稚園、小学校、中学校などの職員室や事務室

・保育所の保健室や園長室

・病院・診療所の診察室や看護師室

・寄宿舎・下宿の食堂

児童福祉施設(※)などの食堂や事務室

1/10以上とします。

 

 

この中では,鉢△採光の規定に関しては最も厳しいことになりますが、確かに幼稚園〜高等学校、保育所など教育に関する場というのは窓が多いですよね…!それらは全てこの規定に沿って設計をされていたわけです。

 

※有効寸法…柱の中心ではなく、壁と壁の間の寸法

※児童福祉施設…

・児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、児童館など)

・助産所

・身体障害者更生援護施設(補装具製作施設と視聴覚障害者情報提供施設を除く)

・精神障害者社会復帰施設

・保護施設(医療保護施設を除く)

・婦人保護施設

・知的障害者援護施設

老人福祉施設(老人デイサービスセンター、老人短期入所施設、養護老人ホーム特別養護老人ホーム、軽費老人ホーム、老人福祉センター、老人介護支援センター)

有料老人ホーム

・母子保護施設

をいいます。

 

防火設備と特定防火設備

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

今回は防火設備と特定防火設備についてお話をします。防火設備も特定防火設備も何となく「火災が起きた際に役に立つもの」という認識がありますが、これは決して間違いではありません。確かに、火災が起きた際にとても重要な仕事をしてくれます。そして、それらは意外にも必ず見たことのあるものが防火設備に指定されているのです。

 

防火設備は、防火戸ドレンチャーなどの火災を遮る設備で、その構造が遮炎性能または準遮炎性能に関して政令で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣が定めたもの、または国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。

遮炎性能とは、通常火災を有効に遮るために防火設備に必要とされる性能をいい、

準遮炎性能とは、建築物の周囲で発生する通常火災を有効に遮るために防火設備に必要とされる性能をいいます。

防火設備の設置箇所により性能要件が異なり、一定時間加熱面以外の面に火災を出さないことが必要とされます。防火設備のうち、1時間の遮炎性能があるものを「特定防火設備」といい、防火区画などに設けられます。

 

※ドレンチャー…建物の周囲に水を張り延焼を防ぐ設備

 

【防火設備】

・鉄製プレスドア 厚さ0.8mm以上

・スチールサッシ 網入りガラス

 

【特定防火設備】

・鉄製プレスドア 厚さ1.5mm以上

・鉄製骨組みの上に鉄板(0.5mm以上)両面張り

・スチールシャッター 厚さ1.5mm以上

 

 

網入りガラスは「防火設備」で、網は「火災時のガラスの飛散を防止する」という役割があります。

難燃材料とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

不燃材料、準不燃材料について話してきましたが、最後に「難燃材料」についてこの材料シリーズを締めたいと思います。

 

「難燃材料」とは通常火災による火熱に対して、

・加熱開始後5分間燃焼しないこと

・防火上有害な変形・溶融・き裂などの損傷を生じないこと

・避難上有害な煙・ガスを発生しないこと

という3つの不燃性能を満足する建築材料で、国土交通大臣が定めたものまたは国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。性能規定の考えから、難燃材料は不燃材料と準不燃材料を含みます。

 

―猊塲該猯

厚さ5.5mm以上の難燃合板

8さ7mm以上の石膏ボード

 

調べてみると無垢材でも不燃の薬剤を添加することによって、不燃材料として認定されているものもあるそうです。

 

 

 

 

準不燃材料とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

今回は、不燃材料に続いて「準不燃材料」についてお話をしたいと思います。

「準不燃材料」とは、通常火災による火熱に対して、

・加熱開始後10分間燃焼しないこと

・防火上有害な変形・溶融・き裂を生じないこと

・避難上有害な煙・ガスを発生しないこと

という3つの不燃性能を満足する建築材料で、国土交通大臣が定めたもの、または国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。性能規定の考えから、準不燃材料は不燃材料を含みます。

この3つの不燃性能は不燃材料と変わりませんが、20分間か10分間かというのが不燃が準不燃かを分けるキーワードになります。

 

主な準不燃材料は、

”塲該猯

厚さ9mm以上の石膏ボード

8さ15mm以上の木毛セメント版

じさ9mm以上の硬質木片セメント版

ジさ30mm以上の木片セメント版

Ωさ6mm以上のパルプセメント版

となっています。

 

 

不燃材料とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

建築物を建築する際には、木やコンクリート、鉄骨など色々な材料を用いるのですがその中でも「不燃材料」というものがとても重要になってきます。

「不燃材料」について「全く燃えない材料」と私は勘違いしていたのですが、あくまでも不燃材料というのは通常火災による火熱に対して、

・加熱開始後20分間燃焼しないこと

・防火上有害な変形・溶融・き裂などの損傷を生じないこと

・避難場有害な煙・ガスを発生しないこと

という3つの不燃性能を満足する建築材料で、国土交通大臣が定めたもの、または国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。

不燃は確かに燃えませんが、永久に燃えないということではないのですね。上記の3つのことが不燃材料にとっては大切な条件なようです。

 

主な不燃材料を上げてみると、

.灰鵐リート

△譴鵑

て磁器質タイル

ジさ12mm以上の石膏ボード

Дラス

┘皀襯織

鉄鋼

アルミニウム

など他にもありますがこのようになっています。ガラスも不燃材料なんですね。

 

防火構造とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

立て続けに、耐火構造、準耐火構造についてお話をしてきましたが、今回は最後に「防火構造」についてお話をしたいと思います。

 

「防火構造」とは、外壁や軒裏について防火性能に関して政令で定める技術的基準に適合する鉄網モルタル塗、漆喰(しっくい)壁などの構造で、国土交通大臣が定めた構造方法のもの、または国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。

防火性能とは、建築物の周囲で発生する通常火災による延焼を抑制するために、外壁と軒裏に必要とされる性能をいい、耐力壁である外壁には30分間の非損傷性、一般の外壁にと軒裏には30分間の遮熱性が必要とされています。性能規定の考えから、防火構造は耐火構造と準耐火構造を含みます。

※ー彷性…壁と床に関して、加熱された面の反対側の面が一定以上の温度に上昇しない性能をいい、これにより建築物の延焼を防止する。

耐力壁…横からの力を支える壁

 

 

 

 

 

 

 

準耐火構造とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

前回、耐火構造についてお話しましたが、今回は準耐火構造についてです。

準耐火構造とは壁、柱、床などの建築物の部分ごとに準耐火性能に関して政令で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣が定めた構造方法のもの、または国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。

その中の準耐火性能とは、通常火災による延焼を抑制するのに建築物の部分に必要とされる性能をいい、建築物の部分により、通常火災による非損傷性・遮熱性と屋内の通常火災による遮炎性に対しての耐火時間の基準が定められています。

 

準耐火構造には、通常の準耐火構造(45分準耐火)と、より耐火構造に近い準耐火構造(1時間耐火)とがあります。性能規定の考えから、準耐火構造は耐火構造を含みます。

 

 

 

耐火性能とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

通常火災が発生し、終了するまでの間、建築物の倒壊延焼を防止するために、建築物の部分に必要とされる性能を「耐火性能」といいます。

壁、柱、床などの建築物の部分ごとに、「耐火性能」に関して政令で定める技術的基準に適合する「鉄筋コンクリート造」や「鉄骨鉄筋コンクリート造」などの構造で、国土交通大臣が定めた構造方法のもの、または国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。

その技術的基準は、建築物の階と部分により、非損傷性、遮熱性、遮炎性に対しての耐火時間の基準が定められています。

(非損傷性:火災による建築物の倒壊を防止する性能)

(遮炎性:外壁と屋根に関して、屋内で発生する火災が屋外に火災を出す原因となる亀裂などを生じない性能をいい、これにより建築物の延焼を防止する)

 

耐火時間は階数が多くなるにつれて長くなります。15階以上で柱、梁となると3時間が必要のようです。3時間も耐えられる素材…一体なんなのでしょうか。次回、また詳しくお話したいと思います。

 

今回のまとめです。

 

 

 

 

延焼のおそれのある部分について

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

建物が密接した地域で火災が起きると隣の建築物も「延焼」といって、1棟の建築物の火災がほかの棟の建築物に及ぶことがあります。それを防ぐために、「延焼のおそれのある部分」というのが法によって定められています。

 

「延焼のおそれのある部分」は、隣接する建築物や道路を挟んだ反対側の建築物から火災が燃え移りやすい部分をいいます。

隣地境界線、道路中心線、同一敷地内の2以上の建築物相互の外壁間の中心線から、1階部分では3m以内、2階以上では5m以内の建築物の部分が、延焼のおそれのある部分となります。

 

 

 

 

 

 

 

防火上有効な公園や広場、川、耐火構造の壁などに面する場合は3m、5mの距離は考えなくてかまいません。たしかにこれらは延焼のおそれがないですね。