一日一発見
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
タイルの張り方

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

店舗や住宅で床の仕上げとしてよく使用される「タイル」ですが、みなさんはその「タイル」がどのように施工されているかはご存知ですか?

今回は、「タイル」がどのようにして床に張られているのかを現場で撮った写真と共にお話していきます。

 

「タイル」は現場で1枚1枚合わせながら、専用の機械を使用してそれぞれの大きさにカットし張っていきます。

 

 

一番右の角にあるタイルも、元の四角だったものをここに合わせてそれぞれの寸法を測り、この形に切断しているのです。細かい大変な作業ですが、どのタイルも綺麗に並べられていてすごいです…!

タイルの下に見える黒っぽいペースト状のものは以前お話した「モルタル(張り付け)」です。モルタルはやはり万能ですね。これが接着剤になります。

そして、一番気になるあのオレンジ色のクリップですが「クサビ」といって、高さや目地幅を調整する施工補助具です。間に見える透明のものは「スペーサークリップ」といって、タイルの下に食い込ませて使用します。この2部品を使用するだけでタイル間の段差や目地違いを防止しながら、タイルの張り付けができるそうです。接着剤が硬化し完成したら、スペーサークリップをゴムハンマー等で簡単に取り除くことが可能です。また「クサビ」は再使用できます。便利ですね!

以上が「クリップ工法」で行われるタイルの張り付けです。

 

 

「クサビ」は専用のペンチを使用し、両端を締めて幅を調整することができます。

タイルも1枚1枚このように張っていたのですね、わたしも今回初めて見たのでとてもいい機会でした。現場では、作業を効率的に進めるための工具や補助具が多くあるので考えられているな、便利だなと思います。いかに早く綺麗に、頭を使って完成させるというのはどの場においても大切なことですね。

 

みなさんも街へ出かけたら足元の「タイル」にちらっと目を向けてみてください…!実際に見るとまた凄いと感じますよ。

練付とは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

現場で「練付」という聞いたことのないワードを耳にし、気になったので今回はその「練付」についてお話します。

 

 

「練付」とは、表面の化粧用として、単板(原木から切削した薄い木の板)もしくは突板(木材を薄くスライスした板材)、樹脂板などを接着材で下地板などの合板に張ることをいい、また、その合板を「練付合板(ねりつけごうはん)」といいます。

 

…といってもうまくイメージができないと思うので、現場で撮影してきた「練付」をご覧ください!

 

 

↑一番外側に見える薄いものが「単板」で、真ん中に見える一番分厚いものが下地材の「合板」です。

練付が使用される一番の理由というのは、「板そのものを高級樹種で製作すると、コストが上がるため」です。よって、高級樹種の表面を薄くスライスし、それを化粧面として、単板や合板に接着剤で張り付けます。これが「練付」なのです。まさに裏技!

わたしもこの断面を見て驚きましたが、この断面を見ない限り、木材にこのような細工が施されているとは思いませんよね。

 

 

 

遠くから見ても綺麗ですね。使用されている樹種も「タモ」といい、様々な木の中でも木目が綺麗に見える種類になります。優しい、淡い色が素敵です。


そして「練付」は無垢材を使用したい和室の壁、天井や家具などに使用されることもあるそうです。いろんな箇所に幅広く使用できるのも「練付」のいいところですね。

以上、職人さんたちの腕が光る「練付」のお話でした。

現場にて

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

またまた現場をチェック中にあるものを見つけました。

 

 

階段の踊り場で見つけたこちら、一体何なのでしょうか。まず最初にブレーカーかと思いましたが、各店舗内にあったので違いました…。正面から見てもちっともわからなかったので、「横から」見てみると…

 

 

何かの管と繋がっていますね。何を送る管でしょうか。とあることが起きた際に大活躍するものです。

 

 

 

正解です。答えは「連結送水管」(別名:送水口、放水口)でした。

「連結送水管」とは、火災が起きた際に水を下から各階に送り、この箱を開けるとホースの連結部分があります。連結すると下から送られてきた水がこの管を伝って出て、消火活動が可能ということです。横に見える管は水を送るためのものだったわけです。この「連結送水管」ですが、高層ビルやマンションなどでも目にすることができるので、よかったら見つけてみてください。

「連結送水管」という名前もストレートでとてもわかりやすいですよね。火災が起きたら必ず使用するので、「連結送水管」の前に物などは置かないようにしましょう…!

パテとは

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

さて、これは一体何の作業をしているでしょうか?

 

 

天井を白色のペンキで塗装しているわけではありません。白く見えるものは「パテ」といって、石膏ボードのジョイント部分を埋めたり、不陸などを平滑にする役割をしています。石膏ボードの上にそのままクロスなどを貼ってしまうと、目地やビスの穴が目立ってしまうため、このパテを塗る作業は欠かせません。

 

 

 

パテの厚さが均等になるようにうまく塗らなければいけないみたいです、難しそうですね。

また塗るのは1度だけではなく、3度段階を分けて塗るのが基本です。そしてヘラも1種類ではなく、幅の狭いものから広いものまでそれぞれに合わせて使用します。そうすることで仕上がりが綺麗になるのです。

壁は部屋の大部分を占めるので、改めて「パテ塗り」はとても大切な作業だということです。引いて見てみると模様みたいになっていておもしろいですね。

 

料理たちの移動手段

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

飲食店でアルバイトをした経験のある方なら、タイトルを見て思い浮かぶものがあると思います。が、全く思い浮かばない方にはまずこのように考えていただきたいです。例えば…

 

6階建のビルに3・4階の2フロアで同じ飲食店「〇〇食堂」があったとします。「〇〇食堂」は、

・3階に厨房

・4階は厨房がなく客席と小さなパントリーのみ

となっています。では、4階で料理の注文が入った場合どうなるのでしょうか?ここでタイトルの「料理たちの移動手段」を思い出してください。

店員が1回1回3階から4階まで往復?はたまた、4階は食事なし飲み物だけ?

 

正解は、こちらを使用します。

 

 

この写真の中心に見えるものが、料理たちの移動手段になる「小荷物専用昇降機」というものです。勿論人は乗れませんが、小荷物用のエレベーターとイメージしていただければいいと思います。先ほど例に挙げたように、2フロアの飲食店で1フロアにしか厨房がない場合などはこのような「小荷物専用昇降機」が使用されることが多いです。便利ですね。

 

 

 

 

 

何の器具?

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

現場にて見たことない面白い器具を見つけたので、今回はそのことについてお話します。

その器具がこちら。↓

 

 

実際見るとこの先端、かなり大きいです。一体何に使うんでしょう。ちなみに、先端の形が最大のヒントになっています。

わかりましたか?では、この写真を見ればもうわかると思います。

 

 

そうです、正解はALCパネルに穴を開けるための器具「コアドリル」でした。ALCパネルとは、「Autoclaved」(高温高圧蒸気養生された)「Lightweight aerated」(軽量気泡)「Concrete」(コンクリート)の頭文字をとって名づけられたもので、耐火性、防火性、強度など建築物に求められる数多くの性能を高いレベルで満たすため、外壁材としてはもちろんのこと、床下地や間仕切り壁など様々な建築部位に使われています。

そのALCパネルにダクトで必要な開口を設ける場合にこの「コアドリル」が活躍するようです。こんなに綺麗にくり抜けます。

 

 

現場をチェックしていると今まで見たことがない器具などがいっぱいあって、わくわくします。簡単で使いやすく、作業効率が上がるようつくられた器具たちはしっかりデザインがされてるんだなと思いました。他にも見たことがない面白い器具はたくさんあると思うのでチェックしていきたいです!

スタイロフォームの使い道

こんにちは。新人スタッフの本間です。

 

突然ですが皆さんは「スタイロフォーム」というものをご存知でしょうか。「スタイロフォーム」とは別名「押出法ポリスチレンフォーム」といい、主に断熱材としては最も一般的に使用されているものです。水を吸収しにくく軽くて丈夫、また優れた断熱性能などの様々な特長があります。

 

中心に見える水色の板状のものが「スタイロフォーム」です。厚さ、大きさもかなり豊富にあります。写真に見えているのはスタンダードな910mm(3尺)×1820mm(6尺)(サブロク板)になります。

 

そんなスタイロフォームですがもう一つの特長として、「建築模型によく使用される」というのがあります。わたしも学生の頃スタイロフォームを使って模型を制作していましたが、本来の使用方法で使われている状態を見たことがなかったので実際の現場で見たときに「こうやって使われているんだ!」と驚きました。

 

 

スタイロフォームはカッターやのこぎりで容易に加工できたり、軽いので他の材料に比べて施工するのは楽だと思います。また踏んでも壊れず丈夫なので、このように床に敷き込み、上からモルタルを打設して、防水工事をし厨房の床になったりする場合もあります。

 

万能かつ色々な使い道がある「スタイロフォーム」でした。

厨房の床を上げる理由

こんにちは。新人スタッフの本間です。

タイトルの通り、厨房の床はフロアから300〜400mmほど上がっています。何故わざわざ床を上げる必要があるのか、理由などを今回はお話しようと思います。

 

厨房の床は何かをこぼしてしまったり、また多くの水を使用して掃除をしたり、各厨房機器からの排水側溝などがあるため通常の床ではカバーできない部分が多くあります。そのため配管用のシンダーコンクリート(あまり強度を必要としない場合に使うコンクリート。通常のコンクリートと違い、骨材は石灰殻や粘土などの焼成したものを使用している。床面の高さの調整や、屋上の防水のうえに保護のために用いる。)を増し打ち構築する理由から、床は300〜400mm上げることとなります。(下げる場合もあります。)シンダーコンクリートを打設する代わりにスタイロフォームを敷いてその上にモルタルを打設することもあります。写真に写っているのはそのパターンになります。

 

 

実際の現場写真を例に見てみるとこのような感じです。通常の床面より高くなっているのがわかりますね。配管も必要に応じて設置されています。この上にシンクや冷蔵庫などの厨房機器が並ぶのです。

 

 

以上、厨房の床を上げる理由についてお話しました。

わたしは飲食店でバイトをしていた経験があるので「床が上がっているのは不便だなあ」と思っていましたが、このような理由があって床上げしていると知れてスッキリしました。日々疑問に思っていることがこの現場を通して解決できているので、まだまだたくさん新たな知識を蓄えていきたいです。

防水チェック

こんにちは。新人スタッフの本間です。

現場チェックをしている際に衝撃的な光景を見てしまいました。

 

 

「(し、浸水…!?)」

 

お風呂もしくはプールのようになっているこちらは、決してミスなんかではありません。これもとっても大切な作業のひとつなのです。

これは「水張り試験」といってその名の通り、「ちゃんと防水の働きをするか」を確かめるためのものだったのです。写真にあるこの部分は厨房になるので、掃除などの面から床は防水仕様にしなければなりません。

厨房だけではなく、浴室やバルコニーなど防水工事を行なった個所では必ずこの「水張り試験」をします。24時間ほど放置をして水位が下がっていないか(水漏れしていないか)を確認していきます。

 

防水工事したら終わり、ではなくこのチェックまでが防水工事ということですね。当たり前のことなんでしょうがここまでやるんだと驚きました。

LGS

新人スタッフの本間です。

先日現場をチェックした際にこんなものを見つけました。一体これは何なのでしょうか?

 

 

これは内装工事において必要不可欠なものの1つである「LGS」というものです。「LGS」とは壁・天井などの内装下地に使用される軽量鉄骨(LGS=Light Gauge Steel)のことで、大まかに.好織奪畢▲薀鵐福辞L遽錣伴鑪爐分けられています。

 

.好織奪…間柱(壁の補強材)の役割。壁を貼り付けるための下地材。

 

▲薀鵐福…コの字型のLGS。スタッドを立てるために、床と天井に取り付ける。

 

L遽…天井を貼り付けるための下地材。

 

LGSは1サイズだけではなく、様々な規格があります。これらを使い分けて内装の壁や天井が出来上がっていくのですね。

 

 

 

ダクトなどもきれいに囲って取り付けています、まさに骨のようです!

 

 

このようにLGSにPB(プラスターボード…壁・天井の下地材)を貼り、この上からさらに仕上げ材を貼っていきます。

 

現場に行ってみて、お店の壁や天井などはこのようにして出来上がっていたという工程を生で見れたことが、私の中では一番の収穫でした。改めて現場ではたくさんのことが知れるので、今後も目を凝らして見ていきたいと思います。