一日一発見
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

擁壁工事と4週強度
地鎮祭も終わりまずは擁壁工事です。
計画している建物にとって最適な場所にRC造(コンクリート)で擁壁をつくります。コンクリートはじつは結構ローテクな素材でして、構造用合板でコンクリートをながす壁を作り、それを鉄パイプで外部からサポートします。上のような状態になります。

写真右の部分がエントランスにつづく階段になり、左側の部分の奥に住宅がたちます。

コンクリートを打設した直後の写真です。コンクリートのことをよく素人の人は「コンクリートが乾く」といいますが、正確には「コンクリートが固まる」といいます。
コンクリートは材料の特製で打設後すぐには強度がなく徐々に内部のセメントと骨材(砂利)、鉄筋が固まり適正な強度がでます。適正な強度がでるまでに4週間かかるので「4週強度」といいます。

加重がかかる場所は「4週強度」がでるまでは下からつっかえ棒のような支保工(しほこう)でさっさえてないといけません。壁の部分は4週間も型枠をつけておく必要はありませんがなるべくながく押さえていた方がコンクリートの表面にクラックが入りにくいのでいいです。

雨の中の地鎮祭
光をつかまえる住宅、地鎮祭です。この地鎮祭地方によって流儀があって違いがあります。
ぼくも過去に地鎮祭について書いていますね。

スパルタ地鎮祭(2012年8月)

晴れた日の地鎮祭(2013年7月)

家づくりのプロセスの中での地鎮祭の位置→HP内工事について

今回の敷地は僕自身が思い出のある場所だったので、地鎮祭そのものより、周囲の家や目の前の公園を見て、ああ、あのフェンスに登ってあそんだな、とか、あのブランコから友人が立って跳んで骨折ったなとか自分自身の小学生当時の記憶がいっぱいよみがえってきました。

基本はれ男なのですが、今回はあいにくにくの雨でそんな天気が見える景色を変化させてたのかもしれませんね。



解体が思い出させる昔の記憶
光をつかまえる住宅の敷地はもともと、ぼくの祖母の家があった場所でした。小さいころは弟と泊まりにいったり、同じ校区内だったので周囲に小学生時代の友人の家があったりします。

そんな祖母も亡くなり、まわりまわって今度は妹夫婦がここに住み、その設計を兄であるぼくがやっています。

懐かしいレンガ作りの擁壁や平屋の住宅を取り壊し新しい住宅をつくる。少し寂しい気持ちになる解体工事は初めてです。

この敷地のすぐ後ろ(南側)も小学校の時の友人の家です。なつかしいなあ。かれの家にはなぜかゲーセンにあるようなテーブル型のインベーダーゲームがあってそれをやったり、ファミコンのゼビウスやったりするのによく遊びにいったものです。

なんて感慨にふけりながらの現場チェックでした。

キッチン打ち合わせ
光をつかまえる住宅のキッチンの打ち合わせです。
今回のキッチンは男っぽさと女っぽさのせめぎ合いのようなキッチンをめざしています。この相反する要望をどのようなバランスで実現するかがポイントですが、そのために素材や各部分の厚さなどこまかいことの積み重ねでめざしています。

出来上がったキッチンは今までつくったキッチンの中で一番強度があるんじゃないかなぁ。今から楽しみです。このキッチンももともとの着想はお施主様のなかにあったことですが、一見無理難題のような要望も受け止めてやり始めてみると結構いいかも!とおもえるところに到達できたかなと思っています。



試行錯誤
最初のプレゼンが終わり、お施主様も自分たちの家がだんだん想像できるようになり、ご要望も具体的に細かくなっていきます。

それらをふまえて詳細設計をし、かつ全体として整合性がとれているように試行錯誤します。機能や納まりも配慮しながらこの住宅のためだけに思いをこめてスケッチを書いたりします。

模型写真をとってその上にかき込んだり、内部の梁の見え方をコントロールするために色鉛筆で塗ってみたり・・・ありとあらゆることをやってみます。この試行錯誤をたくさんやっているポイントは現場に入ってもスムーズにいきます。新しいことをやろうと、いつも考えているので、常に考え続ける必要がありますが、その日々の積み重ねしか前にすすめないのでやりつづけています。

むかしロンドンの設計事務所で働いていた時の印象的なこととして、ボスはいつも右のほっぺたが黒っぽく汚れていました。

なんでだろうか?とおもって観察していると、彼は鉛筆でスケッチを何度も書き、右手の腹の部分が描いたスケッチをこすりよごれ、その手でほおづえをついて考えことをするので、自分のほっぺたが汚れていました。つまりほっぺのよごれが思考の積み重ねの証のようになっていたわけです。前を走る先輩達は沢山いますね。



最初のプレゼン
光をつかまえる住宅の最初のプレゼンの時の写真です。

このプレゼンの前にどんな住宅が希望かのアンケート記入やヒアリングをしそれをもとに図面と模型で提案しました。こういった模型を見る機会は皆さんほとんどないので眼を輝かせてくれます。そしてこの瞬間が仕事をとおして一番好きな瞬間です。

いままでイメージでしかなかった自分たちの住宅がこうなるんだ!という驚きや、ああ、こうやって要望をデザインに落としたのね、というような、お施主様にとっての発見がある模型になっていればプレゼンは成功だと思っています。

これが自分たちの想像してた程度だったり、雰囲気や使い方でやや難がああるとそのあとの打ち合わせも盛り上がらないものになってしまいます。

最初の提案なのでこの案をベースに細かい要望をお聞きしたり、または全く違った案を次回に提案することもあります。ただ一番重要なのでお施主様と設計者がいっしょになって、この案をぜひ実現しよう!という気持ちになることかなと思っています。


光をつかまえる住宅
現在あたらしい住宅を愛知県豊橋市で建設中です。
敷地北側に公園が有り、道路と敷地には約1Mの高低差があります。敷地の大きさと求められている住宅の機能のバランスから今回は(も?)平屋で計画しています。

お施主様とワクワクする住宅を作り上げるためにどのようなプロセスを踏むか?ということをシリーズでここで書いていこうと思っています。

平屋ということは各部屋の上には屋根しかないわけで、その屋根面のデザインやそこから光を取り込んだり、通風のための仕掛けをしたりと、屋根設計の質がこの住宅の質を決めるとおもっています。

写真は設計当初の屋根の形のスタディ模型です。現場はすでに上棟しているのでブログの方が徐々に現場に追いつくスピードで更新予定です。