一日一発見
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

お知らせ
海外のデザイン関連サイトdezeenにとびだす住宅が紹介されました。


とびだす住宅WEB見学会
 
外部仕上が終わり、内部の仕上スタート
 
11月末完成に向けて現場が進んでいます。外部の仕上げはほぼ終わり、現在内部の仕上を棟梁ががんばってくれています。内部仕上がプラスターボードの上にクロスや左官仕上の場合はプラスターボードを貼る所までが棟梁の仕事で、その先は左官職人やクロス屋さんの仕事です。しかし今回は構造用合板を仕上材として採用したので、棟梁の手で最終仕上まで行く部分が大半です。

断熱材はほぼ施工終了し、電気屋さんの配線工事をまって構造用合板を貼っていきます。棟梁は一人でこの現場をきりもりしているので、天井面などに合板を貼るのはどうやるんだろうか?と不思議に思っていました。なぜなら二人一組で施工する場合は合板を一人が支え、もう一人が釘なでで固定していけばよいですが、支えながら固定するのは不安定だし、斜めになちゃいそうだし・・・で棟梁に聞いた所

「ウマ(現場用語:つっかえ棒のような簡易的なフレーム)をつくって支えるんだよ」

との返答。なるほど!そのウマ見せてもらいましたが、寸法が絶妙に大きく作ってあってはじめは少し斜めに合板の下に入れてそれをまっすぐに立てる事で落下しないように固定するようになっていました。すご〜くシンプルな道具ですが知恵がつまっています。

帰り際にふと足元をみるとまた気になるものが・・・。棟梁の簡易道具箱だそうです。作る子にそんなに時間はかかっていないと思いますが、こういう道具を作ることによって現場が綺麗に保てる。結果施工もスムーズにいくし、仕事も綺麗。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
外壁の切り返し

とびだす住宅の外壁はガルバリウム鋼板ですが2色つかいます。対岸から見た時に二つの塊が複合して一つの住宅が出来ているように見せたいと考えているのですが、「出角(ですみ)」の部分のおさまりがキモとなります。

同色の場合はまったく気になりませんが、2色の材を使う場合、施工上はどちらかの色を10センチ程オーバーラップさせて折り返したくなります。しかしそういうことをすると色が切り替わるところが建物ボリュームのコーナー(出角)ではなく微妙に10センチずれたところになってしまいます。それはとても、とても気持ち悪い・・・(ぼくだけ???)

なので現場監督と話し、板金屋さんとも話し、知恵をしぼってうまいことを考えました。折り返し幅7mm(細かくってすいません)。お金をかけなくても頭を使えばよくなるものです。実はこれも現場監督と話し合っていた納まりからさらに改良されていました。(真上から内部をみないと分からない事ですが)

現場監督に「ありがとうね!板金屋さんにもまたやろうねえ!と伝えてね」と言うと、照れた笑顔で「はいよ」との返事。ぼくとの打合せの後さらに現場監督と板金屋さんで話し合ってくれたそうです。いや〜いい現場。感謝ですね。

7mmの折り返しなので遠目で見ると全く気になりません。気にするのは僕だけかもしれませんがまあ、それはそれでよしとしましょう。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


内部仕上の選別

とびだす住宅の内部仕上はちょっとかわっています。
天井、壁は構造用合板、床はラワンベニアです。首都圏では見かける事もあるこの仕上、豊橋市ではなかなか見かけません。使うメリットはコスト、そしてその雰囲気です。コスト的には石膏ボードにクロスを貼るよりはやすいのですが、実は手間がかかります。

構造用合板も自然の木をスライスしたものを重ねて張り合わせたものなので一枚一枚に違った雰囲気がありますが、あまりに違うものが隣り合って貼るとおかしいのでそういったばらつきをなるべく均一にして各部屋に割り当てていきます。(棟梁に手間をかけることになるますが・・・)

現場で現在ある構造用合板を並べてみてお施主様といっしょに選別していきます。また構造用合板は「ハンコウ」が押してある方が「オモテ」なのですが今回はハンコウをすべて見えないようにするために「ウラ」面を仕上面として貼ることにしました。

吹抜けの空間も大分出来上がり、気持ちいい感じになってきています。

吹抜けを見上げた写真ですが南方向の高い位置に設けたまどからどっかり光がはいってくるようになっています。今回の住宅はキッチンもオーダーで作ることになっていますが、このキッチンの雰囲気と壁や床の仕上とが相当いいかんじになる予定です。はやくキッチンできないかな。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
想定内ではないこと

現場がすすんでいくと、想定内でおさまることもあれば、想定内で収まらないこともおきます。もちろんすべて想定内で収まるのが理想ですが建築は自然のなかに作り上げる人工物なのでなかなかゼロにすることはできません。

しかし僕はこの「想定内でおさまらないこと」というハプニングが結構好きです。経験を積めば読めたかもしれない問題などが露見しちゃった場合です。問題という形をして自分の伸びシロが目の前にある訳ですから、解決しちゃえばいいんです。簡単に解決出来ない事もありますが、「解決出来るんだ!」と思っていると解決出来ちゃうものです。人間の脳みそはこういうストレス下におかれると真価を発揮するんですね。

また別の意味で「想定内でおさまらないこと」もあります。
それは図面上で考えていた通りにつくってしまうと、ちょっとダサいなと感じる時です。こっちの場合のほうが解決するのが大変です。なんというか自分のプライドみたいなものとの折り合いをつけつつ、自分で提案しながら自分でダメ出しするような作業なので右手と左手でじゃんけんしているような。

こういう時はとにかくスケッチを描きまくります。何度も何度も書いていると徐々に自分の感覚に折り合いをつけつつ、これならいいな!というところにたどりつきます。どれだけ時間がかかるかは未知数ですが。

建築はこういった考えた時間がその後図面となり、自分たちの貯金になる点がいいところですね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
7m先の2cmにこだわる

とびだす住宅の現場順調に進んでいます。
外壁はガルバリウムですが、部分的に黒と白を貼り分けることによって建物全体のイメージをシャープにしようとしています。また建物の端部(コーナー部分や壁の一番上の部分など)の納まりをすっきりみせたいと考えているので、そういった端部の納まりも現場で現場監督と職人さんと相談しながら決めていきます。

機能的(雨仕舞)なことを考えるとどうしても野暮ったくなってしまう場所として壁の頂部があります。建築用語では「笠木」または「唐草」といいますが、その折り返す長さを少なくした方がすっきり見えます。

具体的には上の写真の一番上の部分です(これは唐草といいます)な〜〜んにも考えない人だとただ単に下に7センチ程折り曲げますがそれではダサい。なので僕の場合は手前に2センチ飛び出して折り返し、その後下方向に3センチ折り下げます。

このようにすることによって手前に飛び出して折り返した部分の影が建物頂部にでき、また折り下げた部分も短いのですっきりきれいにみえます。(なんて込み入った建築の話しでしょうか・・・)このような地上から見ると7M先の2センチにこだわることによって建物全体の質感がぐっとよくなります。

仕上だけ高価なものを使えばいいのではなく、やはり端部の処理が全体のクオリティを決定するのは洋服と似ています。同じようなナイロンでつくった鞄やジャケットでも価格に差が生まれるのは縫製の良さや、そのブランドが築き上げてきた高いクオリティにたいする信用感からだと思っています。

地味なことですが、こういうことにこだわっていきたい。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

三人寄らば文殊の知恵

とびだす住宅の現場順調です。隔週で現場定例会を開いていますが、その時には現場監督、棟梁、電気設備、給排水設備の方達と打ち合わせをし、その後お施主様と打合せをします。

今回の住宅は空間の作り方もさることながら、内部仕上をすべて構造用合板で行なうので下準備がとても大切です。通常の住宅の場合だと下地があってその上に仕上(クロスや左官仕上やフローリングなど)がありますが、今回は下地がそのまま仕上になるのであらかじめいろいろな取り合いをきめておかないといけません。

現場が始まるとぼくは設計監理者という立場になり、現場は図面通りにできているかをチェックします。現場の納まりや発注、職人さんの手配、調整等は現場監督が行ないます。設計者が実際に手を動かして建築を作ることはできず、最終的には職人さんたちが気持ちよくスケジュール上むりがないように配慮しなければいけませんが、それは設計監理者のぼくと現場監督のチームワークが大変重要です。

設計者がデザイン上こうしたいな!ということを現場監督と職人さん達と持てる知識を出し合いフラットな関係で作り上げていきます。そういうやりとりの時間が現場を見ている中で一番楽しい時間です。

壁の仕上はガルバリウム鋼板にしましたが、これも原寸のサンプルをつくってもらい、実際に建物の壁にあわせてけっていします。今回は白と黒の2色を使用します。

屋根の下にもほぼ出来上がっていました。お施主など一般の人はあまりこだわらないことですが、雨樋をみせるのがいやなので、とびだす部分の屋根はちょっとこだわっています。(当然現場作業はめんどくさくなるので、職人さんのモチベーションをあげながら・・・)この写真だけではなんのことだか全く分からないかと思いますが、出来上がったら今ここでめんどくさいことをしている意味がわかるようになります。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
オーダーキッチン

とびだす住宅のキッチンはオーダーキッチンです。

奥様のこだわりを徹底的に満たすためにキッチンを作ってしまうことにしました。正直なことをいうと、オーダーキッチンはシステムキッチンほどいろいろな機能が気が利いてません。
システムキッチンの優位点
・引き出しの底面がステンレスなどでよごれがつきにくい
・包丁などを収納する箇所が多い
・各所引き出しがいちいちソフトクロージング機能付き

などなど、機能やメンテナンスのことを考えるとシステムキッチンの方が上ですがオーダーキッチンではそれとは違ったよさを作り出すことができます。

オーダーキッチンの優位点
・天板は黒いコーリアン(システムキッチンで選べるのは限定されている)
・キッチンのフレームはアンティーク塗装した黒革の鉄製
・腰の部分もアンティーク調の板張り
・レンジフードダイニング側はモザイクタイル
・つまみはアンティークのシェル型(貝殻のような形)

もちろん基本的な食洗器は各種メーカーのものがつけれますし、ガスでもIHでも可能です。今回の住宅は床、壁、天井すべてが構造用合板貼り(ラーチ合板)なので、その空間に負けないためにもオーダーキッチンを選択するのは自然の流れでした。

写真はコーヒーとケーキを食べながらの打合せ風景。こういう打合せの時間も家づくりを楽しむ一環ですね。ああ、早く出来ないかなぁ。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
とびだす住宅上棟その2

上棟式当日iPhoneのカメラがこわれるというハプニングのためいつもと違うカメラで撮影した写真を少しアップします。

現在の現場の状況からみるとまだまだ骨組みだけという感じですね。

上棟式の時につかう「梵天(ぼんてん)」この前の紐上の部分に5円玉を12枚通します。これは中部地方だけの儀式かもしれません。

お施主様が用意した12枚の5円玉

上棟式が終わった後この5円玉はこの土地をお守りしてくれる神社に納めにいきます。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 人気ブログランキングへ